お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

借物語

そなたは何者ぞ?
そなたには、わらわの声が聞こえるのじゃな。
 
わらわの姿が、おなごに見えておるのか。・・・これは驚きじゃ。
これまでにも、わらわを見た者はおるが、皆わらわを蛇じゃと言うておったの。
 
ほっほっ。
面白い。そなた、しばしの間わらわの話を聞いてはくれぬか。
わらわはもうすぐ、あの砂の渦の中に飛び込まねばならぬ。
ほれ、あの砂じゃ。ぐるぐる回っておろ?
あの真ん中の穴を抜けていくのじゃ。さすれば、もうここには二度と戻れぬ。
今、そなたに会えたのも、何かの縁じゃろうて。
そなたさえ良ければ・・・わらわの話をどうか聞いておくれでないか。
そうか、聞いてもらえるか。有り難きことじゃ。お礼申し上げる・・・。
 
さて、何から話そうかの。わらわはここで千年以上も生きておる。
いや、生きておるのか死んでおるのか、わらわにも分からぬが。
・・・そうじゃ、わらわが人間であった時の事から話そうぞ。
 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 
わらわは名をキヨと申す。
清姫じゃ。あの『娘道成寺、安珍清姫』の、清姫じゃ。
伝えられておる話は少々嘘も混じっておるがの。
 
そう言えば、そなたにはどこかしら安珍殿の面影が・・・。
懐かしゅうござるな。
なにゆえあのような結末になってしまったのか、今では悔やむばかりじゃ。
 
そうか、そなたは『安珍清姫』の話を知っておるか・・・。ならば話が早い。
安珍殿に恋焦がれ、叶わぬ想いに己が姿を大蛇に変えて、安珍殿を追いかけ、追い回し、その魂を捕らえ、巻き付き、怨みの炎で我が身もろとも焼き尽くした清姫の話を。
あれが、あの行いの全てが、わらわを今のような蛇の姿に変えたのじゃ。
・・・おお、そなたにはおなごの姿に見えておるのじゃった。忘れておったぞ。
 
この千年もの間、人にはなれず、蛇の妖怪として、人間のおなごの心にとり憑き、乗り移ってきたものじゃから。
清い女の心も、わらわがとり憑けばひとたまりもない。恋に執念を燃やす、醜い女となる・・・。
かわいそうな事をしたものじゃて。
じゃが、わらわはおなごの心をもてあそんだわけではないのじゃ。そのようなふざけた気持ちは微塵もござらぬ。
人間にとり憑いている間は、ただただ必死なのじゃ。懸命なのじゃ。
安珍殿を慕う気持ちが、他の何物をも見えなくさせるのじゃ。最も大切な安珍殿の命さえも忘れてしまうほどにのう。
何度繰り返したか分からぬ。
どんな清い女にとり憑いたとて、その女の心にわらわが住み着いておる限り、似たり寄ったりの結末となる。
わらわはここで、生きもせず死にもせず、そのような事ばかり繰り返してきたのじゃ。
 
されど、それもようやくおしまいじゃ。
わらわも人間としての命を頂くこととなった。
なに、わらわの意思もそうであったが、この度は神界からの仰せじゃ。
なんでも、人間の世界が一区切りつくとかいう話じゃ。
この機に応じて人間となり、生きておるのやら死んでおるのやら分からぬ妖怪どもも、人としての人生を全うせよとの仰せじゃった。
 
ほれ、もうすぐあの砂の渦が、わらわの足元にまで広がり及ぶ。さすれば、わらわには抗うことさえできぬ。
砂に引き込まれ、渦を通って、新たな命となり、人の世に生まれ出づる手はずじゃ。
 
そうじゃ、そなたに一つ頼みがある。この鍵のことじゃ。
わらわは人間界に生まれる前に、今までの記憶が失われてしまうのじゃ。
この鍵はの、その記憶を呼び覚ますための鍵じゃと聞いておる。
わらわが持っていても、どうせ記憶を無くすのならば、何のための鍵であったかも忘れるであろ。
 
そなたにこの鍵を託そうと思う。
いや、気にせずとも良い。
もしもそなたが、人間となったわらわを見つけたならば、その時にこの鍵を渡してくれれば良いのじゃ。
 
これで思い残すこともなくなった。
そなたが声をかけてくれるまで、実を言うと心細うての。
人として生きることに、自信がなかったのじゃ。
また、あのような醜い真似をしてしまいはせぬかとな。
そなたは希望じゃ。この闇の中で、ほのかな灯をわらわに与えてくれた。
 
まこと、気にせずとも良いて。
何もわらわを探し当ててくれと申しておるのではない。
もしも、もしもじゃ。人間界のどこかで巡り会ったならば、必ずやそなたはわらわに気づくであろ。
その、もしも・・・で良いのじゃ。
もう砂がわらわの腰まで寄せてきた。そろそろ別れの時じゃ。
 
ところで、そなたの名をまだ聞いておらなんだ。
そなたは一体、何者ぞ?
チャネラーとな・・・。はて、聞いたこともござらぬが・・・。
まあ、よい。
わらわのつまらぬ話を、最後までよくぞ聞いてくださった。
鍵のことも、どうかよろしくお頼み申し上げる。
さらばじゃ。 

2013年4月5日 筆


随分前に、アメブロにアップした物語です。
後から、『南海道中栗毛猫』に挿入するとき
若干書き直しをして、ホームページに掲載しました。
上は、元の(書き直す前の)内容です。

中島敦著『山月記』で、主人公の李徴は虎となりましたが
『安珍清姫』の物語では、清姫は大蛇となります。
男も女も、それぞれが自身の中に「獣」を飼っているものかもしれません。
それが実態を伴って現実世界に影響を持ち始めれば
それを「妖怪」と呼んでも差し支えないのかもしれません。
いずれにせよ、獣も妖怪も、自分を苦しめたり脅かしたりするものであったり
飼いならして、利用する対象のように捉えるのは
もうおしまいにしたいものです。
時に愛らしく、時に頼もしい、良き相棒として友達になれたらいいですね。
『夏目友人帳』の夏目と斑(まだら)のような・・・ね。
大蛇になった清姫が、いつまでも「嫉妬まみれの蛇女」ではなく
ドロドロを持ちつつも、新たに生まれ変わる勇気を得るような
そんなお話を書きたいと思いました。


拍手[5回]

PR