お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(7)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

新設サイトのお知らせと、今年の流れ的な・・・雑記

先日、新しいサイトを公開いたしました。

月の歌うたい


これは、8月半ばに急に思いついて、作り始めてから公開するまで
約2週間かかりました。

2週間もかかった割には
最初に思ったようなところまで作成できていなくて
これから時間をかけて、続きを作成したいと思っています。

私はパソコン操作が苦手で
おまけに、こちら(和歌山)では
今年は(も)盆を過ぎても暑くて暑くて
なかなか考えたり、パソコンの前に座り続けるということが
できなかったのもあり

じっとしていても、汗がダラダラで・・・

本だけはよく読みましたが。
(カルロス・カスタネダの『ドンファン・シリーズ』を11冊読みきりました。
これがまた、大変インパクトが強く
この話についてもいつか書けたらと思ってはいますが、また、今度ということで。)

9月に入った途端、急に涼しくなったので
ようやくボチボチと、サイトの方、いろいろ見直したりしています。

ツイッターも、月の歌うたい用に、一つサブ・アカウントをとりました。

まだ、一つしかツイートしてなくて
もうちょっと整ったらツイッターでもお知らせいたします。


さてさて、今年も、もうあと4ヶ月なんですね。

思い起こせば
今年の1月末に、唐突に
「文集的なノリの同人誌を作りたい!」と思い立って
古い知り合いに声をかけ、3月に最初の号を発行しました。
(月に一度の発刊はさすがにムリがあり、今は季刊になってますw)

そして、4月半ばに
なんだか無性に
「これまでの日記を捨てたい!」
と思い立ち、ここ2年分だけ残して、他は捨てました。

4月末に、これも急に思い立って
アニマルメディスン」と「アリスカルディア」のセッションを申し込み
5月1日と2日にセッションを受けました。

それから早や4ヶ月。
実生活の方では、特に大幅な変化はありませんが
サイトの見直しや新たなサイトの開設など
ネット上での変化は若干あり
落ち着いたところから自分を眺め始めているような感じもしています。

こういった流れの変化は、私個人の、極めて私的な変化に違いありませんが
「無性に」とか「唐突に」という
なんだか自分でもよくわからない、何かに突き動かされている感じは
もしかしたら、多くの方も経験されていることかもしれません。


あと4ヶ月の内に
どんなこと(「無性に」「唐突に」)が現れるか
もしくは現れないか・・・が、楽しみなところでもあります。


今年の最初に思いついたことが
   「手書き」「郵送」という、この時代にあって
わざと面倒な手続きを踏むようなコミュニケーション   
でしたので、なんとなく
そんな方向に舵をきりつつあるのかもしれません。

この度開設したサイト(月の歌うたい)でも、できれば
バタ臭いコミュニケーションをとって
「詩」を作りたいという主旨です。

多くの方のご来訪と、ご意見やご感想などのメッセージを
楽しみにしております。

どうぞ、お気軽にお声かけください。


というわけで、如月でした。







拍手[1回]

PR

ブログタイトルを変更しました

長い間、「窓辺のねこ」のタイトルで
このブログを続けてきましたが
なんだか無性に何かを変えたくなり
テンプレートを変えてみたり、新たにブログを開設したりと
いろいろ試していたのですが

クルクル回って、結局のところ
このブログのまま、テンプレートもそのままに
タイトルだけを変更して続けようと思うに至りました。

ただ、内容に合わせてホームページのブログを今までよりも積極的に使ったり
夢に関することを「りとる ふぉれすと」の方にまとめていこうかと思っています。

これまでここに書き溜めていたものは、すべてそのままにして
今後は、そのように使い分けようかな・・・と思っているところです。

実は、新設したブログは、まだ消さずに
いつか使うかも・・・ぐらいの気持ちで置いています。
(誰にも見られないまま、そっと消え去る運命かもしれません・・笑)

なにはともあれ、自分的には心機一転
新しいタイトル『月夜の海、朔の森』で、如月のブログを続行いたします。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



拍手[1回]


コメント投稿について

いつからだったか、はっきりとは覚えていないのですが
英語のみのコメントが毎日のようにつくようになって
内容的には、たいしたことは書いてなかったように思うのですが
記事に関することは、具体的には一言も触れていなくて
大雑把に言えば、(誉める言葉を並べておいて)貼付先のURLに誘導するような
いわゆるスパムコメントでした。
英字のみのコメントは受け付けない設定にしているので
おかしいなあとは思いつつ
毎回せっせと削除し続けていたのですが
そのうち、英語ではなく他の言語(ポルトガル語と思しきものとか)でも
コメントがつくようになり、いちいち削除するのも面倒なので
コメント欄を閉じようと思いました。
ところが、一括でコメント欄を閉じることができなくて
(記事ごとに設定し直すのが面倒だったので)
とりあえず、コメントするのに「キーワードの入力が必要」の設定にしておきました。
誰にもキーワードはお知らせしていないので
要するに、誰もコメントを投稿できないことになってしまっています。
すみません。
この記事以降しばらくは、コメントを受け付けない設定にしますので
あらかじめご了承ください。

先述したスパムコメントは、アクセス解析にも引っかからなくて
ちょっと妙なのです。
検索してみたら、最近そういうの、けっこうあるみたいですね。
変なサイトへの誘導が目的なのだと思われますが
よくわかりません。

それとは関係なく、最近記事の更新が途絶えているのですが
それはまた、ボチボチ開始しようと思っています。
ただ、コメントの投稿はしばらくできない設定にしますので
恐れ入りますが、もしも何かコメント下さる場合
ツイッターやメールをご利用くださいませ。

お知らせでした。






拍手[0回]