お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(97)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(21)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(124)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

『西の魔女が死んだ』~銀龍草~光を必要としない花

「いい話」は大衆受けしますね。
映画『西の魔女が死んだ』も、「いい話」的な仕上がりで
ずいぶんヒットしたのではないでしょうか。

セリフやセットはなかなか原作に忠実に使われていると思いましたが
梨木香歩さんの原作好きには、ちょっと残念なところがありました。

それは銀龍草のエピソードが丸々カットされていたことです。

銀龍草は、話の流れには直接的に関係しないとしても
話の本質には欠かせない(小さいけれど強力な)アイテムだと思うのです。

中学校のクラスでいじめにあい、不登校になってしまった主人公のまいが
人里離れたおばあちゃんの家で少しずつ自分を取り戻し
元気になっていくお話なのですが
ある夜
   成長なんて、しなくたっていいじゃない   

と言う真衣に、おばあちゃんはこう答えます。

   
本当にそうですね。でも、それが魂の本質なんですから仕方がないのです   
   春になったら種から芽が出るように、それが光に向かって伸びていくように、
   魂は成長したがっているのです   

ここだけ読むと、光礼賛みたいな話なのかなと思ってしまいますが
あくまでおばあちゃんは「仕方がない」と言うのです。

そして、その話とは全く関係ないかのように、真衣が銀龍草を見つける場面があります。
銀龍草は光合成をしない植物です。
光を求めない、光を必要としない植物なのです。

銀龍草の美しさに真衣は惹かれます。
自分が最初の発見者ではないかと心を躍らせ
喜んで摘んで帰り、おばあちゃんに見せるのですが・・・
実は、おばあちゃんは銀龍草をよく知っていて、
死んだおじいちゃんが大好きな花でもあったのです。

この銀龍草は、ラストシーンでもさりげなく登場します。

銀龍草がこの作品の中で重要なキーとして使われているのは確かでしょう。
光に向かって伸びていくいう「健全な方向」に
「待った!」をかけて、単なる「光礼賛」の「いいお話」にならないように。

その銀龍草が、映画では完全にカットされて
悲しいかな、孫の怒りにオロオロし、自信をなくしていく
老いゆく祖母が描かれてしまいました。
(原作では魔女らしく、オロオロなんてしないんですけどね)

映画と原作は別物なので、映画に文句を言うつもりはありません。

ただ、映画は見たけど原作はまだという方は
原作を読んでみるのもまた一興かと・・・。


銀龍草(銀竜草、ギンリョウソウ)




拍手[0回]

PR