お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(7)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

夢現(ゆめうつつ)・・・その2

最近、ツイッターで
「不思議の国のアリス症候群」(略してアリス症候群)
という言葉を知った。
ずいぶん前からネット上では使われていたようだが
全く知らず、昨日調べてみて興味を持った。

私自身の、入眠時にたびたび経験していたことが
この「アリス症候群」に類似している気がして
驚くと同時に少し安心した。
(自分の身の周りには、似たような経験をした者は皆無だった)

このブログにもその経験については書いたことがある。
2016年4月23日の記事
夢現(ゆめうつつ)・・・その1

今日、その記事を読み返してみると
あら、不思議・・・
タイトルに・・・その1としておきながら
その2はまだ書いていないことに気がついた。

これはもう、その2を書くしかないじゃないかと思う(笑)。

というわけで、
1年以上間があいてしまったけれど
今日こうして書いているものを続きということにする(汗)。


ここで、唐突だが
少しシュタイナーの本から引用したいと思う。

・・前略・・・人間は寝入ったあと、すぐに朦朧とした意識状態になります。もし人間が、意識を持って自分の状態を見ることができたら、自分がエーテル界のなかに注ぎ出るように感じることでしょう。・・・中略・・・意識を持って知覚したら、この状態は人間の心魂のなかに、大きな不安を呼び起こすことでしょう。

・・・中略・・・入眠直後の瞬間を、意識をもって体験したとしてみましょう。そうしたら、この不安のなか、そして神的なものへの憧れのなかに自分がいるのが分かることでしょう。・・・中略・・・その精神的体験が物質生活のなかに投影されます。その不安が私たちを駆り立て、「宇宙のなかで本当のものを認識したい」と、思います。・・・後略・・・      

・・・中略・・・人間が昼間起きているときに健康であるためには、神的・霊的存在との連帯感を、眠りのなかに運んでいく必要があります。
・・・中略・・・人間は入眠から目覚めまでのあいだ、精神的・心魂的世界のなかにいます。そうすることによって、昼間起きているときのための、健全な精神的・心魂的な力を取り出すことができます。・・・後略
ー『星と人間』より

少しと言いながら、やはり長い引用になってしまった。
これでもかなり略したので、前後の文脈がつながらないところもありますが、お許しを。

昼と夜、覚醒と睡眠、現(うつつ)と夢・・・
どのような言い方をしても構わないが、この対比は
思いのほか深い意味を持っているようだ。
全く別のものが互いに食い込み合うように、交じり合わずに影響し合い
陰陽太極図のようにも感じられる。

その境目にある(切り替えの)「時」を、覚醒側で捉えた場合に
アリス症候群のような体験をするのかもしれない。
(眠りの側で捉えても、多分覚えていない。夢で見たとしても修正が入るだろう。)


前回(その1)を書いた時点よりは、ちょっとわかってきた気もしているが
あんまり大差ないか(笑)。

この分だと、また「その3」が必要になるかもしれない・・・などと
苦笑いしてしまうが

せっかく思い出したので、書き留めておくことにする。






拍手[2回]

PR