お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(7)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

とまれかうまれ疾く破りてむ

男もすなる日記といふものを
女もしてみむとてするなり

これは、言わずと知れた『土佐日記』の冒頭部分である。
作者の紀貫之は、自分を女に仕立ててこの日記を書いたとされている。

この有名な冒頭部分に対して、あまり知られていない最後の部分は
とまれかうまれ疾く破りてむ(とまれこうまれとくやりてむ)
こういう一文で閉められている。
「とにもかくにも、(この日記を)さっさと破って(捨てて)しまおう」
と書いてあるのだ。

ここに疑問を感じる人はけっこういるようで、私もその一人なのだが
疑問を持つ人の多くは、なぜ日記を破ろうなどと思ったのか?
というところに引っかかりを感じているように見受けられる。

私自身も、そこに一つのひっかかりを感じはするのだが
それよりも、
「破ろうと言いながら、なぜ破らなかったのか?」
「ただのポーズだったのか?」
それとも・・・無理やりな感じで残されてしまったのか?
というところが非常に気になった。

なぜって?
それは・・・
・鎌倉時代までは明らかに貫之自筆のものが残っていたとされている点
・藤原定家、藤原為家らが、自筆本から写筆したとされている点
(定家は臨書までしている。ただ、為家(定家の息子)の方が原本通りに写したと言われている。)

なんといっても、平安時代は藤原氏の天下である。それだからこそ
平安初期の紀氏である貫之の立ち位置的に(政治的影響力ではなく、歌、文学としての影響力を強く持っていたと推察される)、何か言い知れぬ謎が『土佐日記』に隠されているのではないか・・・などと、妙な憶測が働いてしまったわけだ。

藤原定家と言えば歌道の宗家。その定家が紀貫之の日記を臨書するほどなのだから
その日記は定家的に大きな意味があったのだろうと言ってもよいだろう。
新古今和歌集の代表撰者であった定家は、古今和歌集の代表撰者である貫之のことを尊敬していたのだろうか。(貫之の『古今仮名序』は日本最古の歌論としても有名。)
なんかね、そう素直には取れない気もしている。
紀氏と藤原氏・・・だからね、やっぱり、ここは・・・。(と言葉を濁しておく)

いろいろと憶測も飛び交いながら、私としては
最後の一文は、貫之の「うまいところ」だったのだろうと思っている。

貫之は、土佐での任務を終えて任地を離れるとは言え、
帰路の途中も当然のことながら、仕事として日記をつけていただろう。
これは、そのころの常識として「漢文」で書かれていたはずである。
冒頭にある通り、当時の日記とは男が(仕事、公用で)書くものであった。

でも、貫之としては、そんな漢文の公的な日記(日誌ですね)より
得意の仮名(女手とも言われるが、歌を詠むときは男でも仮名で書くのが普通)で
心情や旅情を書き留めておきたかったのかもしれない。
もしかしたら、京に戻ってきた後に、漢文の日記を頼りに(日付はもちろんのこと、出来事を細かく記してあるはず)、ごくごく私的な文章を書きたくなったのかもしれない。(土佐の地で亡くした娘への想いとか)
女ということにしてあるのは、本気で女に見せかけるつもりというのでもなく(女性的ではない表現も多々見られる。騙すつもりならそんなマヌケなことはしないはず)
茶目っ気の一つだったかも知れない。

この日記が、間違いなく後の女流日記文学に大きく影響したはずだし
その辺のところ、案外貫之はわかっていてやったような気もしている。

なかなかに本音を言いにくい時代だった(どの時代にも同じような問題はあるが、平安の初期なんて、ほんと、紀氏にとっては大変な時代だったと思われる。)

駄洒落やジョーク、ユーモアのセンス抜群の貫之は、何食わぬ顔であちこちに時限爆弾を仕掛けていたかもしれないと思っている。
(「君が代」が現代日本の国歌となったのも、貫之の仕掛けがあったからだろう。この辺りの話は、また機会があれば書こうと思う。)

和歌(やまとうた)に関して、なにか膨大な知識を持っていたと思われる貫之の、曰くありげな(女になりすまして書くなどという、とんでもない発想の)日記を、後の世に藤原定家が大事にしたのも頷ける話である。

そして、最後の一文
「とまれかうまれ疾く破りてむ」・・・
こんなものは、はやく破り捨てなきゃなあ・・・と
書きつつ、きっと長い時代を超えて読まれることになるのも
貫之は予想していただろう。

全く、『土佐日記(古くは土左日記)』と言いながら、土佐から京に帰る旅の日記であって
土佐での赴任中の出来事を記しているわけではないあたり・・・
定家本の奥書によれば、貫之の自筆で『土左日記』の外題があったとされる。
要は、『土左日記』には、別のタイトルが元々あったかもしれないということになる。
(外題と内題は同じこともあれば違うこともある)

なんてことのない、教科書によく載っている『土佐日記』だが
よくよく考えると謎は多い。







拍手[0回]

PR

「おと」から「うた」へ

言葉も歌も、ともに音を起源に持っている。

『言葉』おと→こと(oto→koto)+ば・・・「おと」に子音kがついたもの+「ば」
『歌』 おと→うた(oto→uta)・・・「おと」の母音が変化したもの。

語る(語り)はどうだろう?
「かた+る(り)」として、「かた」の部分は
「おと」→「こと」→「かた」(oto→koto→kata)
         ・・・「おと」に子音kがつき、さらにそれが母音変化したもの。

ついでに「物」はどうだろう?
「おと」→「もの」(oto→mono)
         ・・・「お」に子音mがつき、「と」の子音が変化(k→n)がしたもの。

こうしてみると、「oto」は、非常に重要な基礎的「音」であろうと考えられる。
「言葉」「歌(詩、唄、唱、詞、詠)」「物語」の、いずれの語をとってみても
「音」がその内部にひそんでいるのがわかる。

「音」なくして、言葉も歌も物語もあり得なかったのだ。

私たちは、ふだん当たり前のように言葉を使い、口から音を発して(発声)
他者とのコミュニケーションを行い、独り言を言ったりしているが
あまり自分の出す音(声)に気を遣うことはしない。
声に気を遣うのは歌うときぐらいだろうか?
(電話の応対とか、女性なら甘えた声とかもあるかもしれないが)



言葉と歌はともに音から生まれたが、音が言葉になるのと歌になるのには、明らかな(機能上の)分岐があったのだと思う。
だから、言葉によって歌が歌われるのではなく、(歌は言葉を使ってはいても)
本来言葉とは別系統で生まれたものと言えるかもしれない。

物語の「かたり」は、言(葉)が更に発展派生したものとも考えられるから
つまりこれも、歌とは別系統なのだ。

日本の歌は和歌と呼ばれ、詠むものであるが、「詠ずる」は声に出して歌うということだから、その点では「詠む」は「歌う」と同義。

とすると、歌は語らないものなのかもしれない。
語る歌があってもいいが、語りの「音」が歌の「音」と一致しないと、どこか違和感が残ったり耳障りだったりすることもありそうだ。

言葉は、その性質上、意味を固定する傾向が強いものだから
私たちは、しばしば言葉によって縛られたり、
言葉で他者を縛ったり(他者に縛られたり)、自分で自分を縛ったりもする。

言葉の意味を大事にし過ぎた結果、言葉の持つ「音」の部分(要素)の重要性を忘れてしまうのだ。
何を言うか(何と言われるか)ばかりを気にして
そこに焦点を当て過ぎると、自分の声がどんなふうに空間で響いているか
(あるいは、自分の肉体での響き方)をまるで無視して発声してしまう。

もっと、歌うように話してみてはどうだろう?
「話す」は「放す」でもある。
歌は、自分の音を外に放すことと言えるかもしれない。

私たちは、日々、言葉を操りながら生きているが
歌のように(歌だと思って、歌うときと同じくらい声に気を配って)おしゃべりしてみると、
ただのおしゃべりが、案外、小鳥のさえずりのような、耳に心地よい音になるかもしれない。

そう、私たちは、本来誰もが歌うたいなのだ。
言葉の意味に縛られ過ぎず、意味を彩りの一つとして歌に乗せるような
そんな物語が、あってもいいかなと思っている。




拍手[1回]


「死ぬ」と「死す」

「死ぬ」と「死す」が、和語と漢語由来の日本語の違いであることは一目瞭然だろう。
「食べる(食ふ)」と「食す」の違いと同様だ。

しかし、読みが訓と音で明らかに違う「食」に比べ
音訓共に「し」と発音する「死」は、概念自体に混同が見られるのではないかと思う。

そんなことから、ふと思いついた幾つかの事柄をいくらか覚書しておこうと思う。




「死ぬ」は万葉集にも記述が見られ、
漢文調の「死す」が文献に現れるより、ずっと古くから使われていたことがわかっている。
そのために、「死ぬ」が漢文の影響で生まれた「新しい」日本語ではないということははっきりと言える。

ただ、「しぬ」と同じ(よく似た)意味の漢語「死」が
たまたま同じ音(し)を含んでいたということだろう。(偶々ってスゴイ!)

しかし、ここで「し」という音が同じだったために「死ぬ」という字が当てられ
本来の「しぬ」が、漢語由来の「死」の概念と混同されるきっかけとなったと言えるかもしれない。

「死ぬ」は、古語ではナ行変格活用動詞(現代は五段活用)であり
もう一つのナ変動詞「去ぬ(往ぬ)」と極めて近い意味を含み持つことが窺われる。
(ナ変動詞には「しぬ」「いぬ」の二つしかなく、そもそも変格活用動詞はそれだけで重要かつ基礎的な意味を持つ和語だと察せられる。)

「いぬ」に「s」音がついた「しぬ」は、

(1)息がなくなる意のシイヌ(息去)の義[日本語源学=林甕臣]。    
   シイヌル(息逝)の義[松屋棟梁集]。 
(2)サリヌルの反[名語記]。 
(3)スギイヌル(過往)の義[名言通]。 
(4)シヲルル、シボム、シヒルの義と通じる[国語の語源とその分類=大島正健]。 
(5)シは〆領る、ヌは歇了る義[国語本義]。

とあり、「去ぬ」「往ぬ」との関連性が高いことがわかる。

また、活用語尾「ぬ」自体が、完了の機能を持つ助動詞「ぬ」と同音である。

「ぬ」という音の面白さ(興味深さ)は、他にもある。
「寝る」は、古語では基本形が「寝(ぬ)」であること、
「寝ぬ」と書いて「いぬ」と読むこと、などから
古語の「死ぬ」には、「去る」「往く」「逝く」「寝る」と深い関連性があると言えるだろう。



ここで、ちょっと話題を変える。

「生」と「死」は対義語であるが、同じように
「生きる」と「死ぬ」は対義語と言えるだろうか?

現代人の感覚で言えば、
「死ぬ」の対義語は「生まれる」だろう。
この世とあの世の境目を通過した時のことを指して、
「生まれる」あるいは「死ぬ」と言うのだから。

ならば、「生きる」の対義語は何か?

この世を生きることが「生」であり
あの世を生きることが「死」なのではないのか?

「死」という漢語が入ってくるまで、
日本では「死」の世界を「根の国」や「黄泉の国」と呼んだ。

そうだったのだ。

古来日本人にとって、「しぬ」とは「根の国に往く」ことであり
「寝ぬ(イヌ)」=「眠る」ことでもあったのだ。

大陸由来の「死」がそれに取って代わり、「根の国」は深く沈みこみ
「地獄」や「極楽」のイメージがそこに覆いかぶさった。
そのイメージを取っ払う必要が、まずあると思う。

「根」とは、その文字が示す通り、植物の根と同義である。
植物は、茎から上の部分(地上)と根の部分(地下)の両方があってこその一つの生命である。
根ごと土から引き抜けば、枯れる。
興味深いことに、「かる」とは、古語ではやはり「死ぬ」ことを意味する言葉なのだ。
「まかる」「みまかる」などに、その片鱗が窺える。
「枯れる」「枯らす」(→「ころす」への変遷)

現代、「死ぬ」は「根」とはまるで違うイメージを持つ言葉になってしまっている。
というより、「かる(刈る、狩る、枯れる)」の意味としてのみ、「死ぬ」を使っているということか。

「生」と「死」という対義語の関係を見るとき
《「生」を生きる》と、《「死」を生きる》という一対とは別に
     ↓             ↓
   茎から上         根

《「生」を生き、「死」を生きる》と、《どちらも生きない》という一対があり
     ↓                 ↓
 茎から上と根の両方で一つの生命     枯れる             

この二つの対が、混同されてしまっている気がする。

前者《「生」を生き、「死」を生きる》こそが、本当の「生」なのかもしれない。
後者《どちらも生きない》が、「かる(枯る)」であり、《根も茎も死んでしまう》こと。
《根も茎も死ぬ》と《「死」を生きる》は全く違うものだ。
そこを混同してしまい、
現代では最も忌み嫌われ、懼れられるものとしての「死」が跋扈し
《「死」を生きる》の意味での「死」を遠くへ追いやり、ついには忘れ去ってしまったのだ。

植物が、地上と地下の両方で初めて一つの生命であるように
人間もまた、地上の身体(見えている肉体)と、地下の身体(見えない根)の
二つで一つの生命なのだろう。

根を引き抜けば、枯れてしまう。
根から切り離しても、茎から上は(そのうち)枯れてしまう。

見えている肉体の中に(重なって)見えない根があるところが
植物とはまた違う人間(動物も)の「在り方」なのだろうが
植物の「在り方」から学ぶところは大きい。


「生きる」の対義語は「死ぬ」ではなく
自分自身の根を抜くこと、根を切り離すこと、と言えるかもしれない。
これ、すなわち「かる(刈る、狩る、枯る)」であろう。

特に現代人は、己を刈り、己の生命を枯らしながら、
他人の生命までも狩ろうとしている気がする。

肉体は生きていても、《「死」を生きる》ことがわからなくなっているのだ。

「しぬ」が「死す」の意味に取って代わられ、「死ぬ」になってしまったとき
それはすでに始まっていて
特殊なナ行変格活用から、最も一般的な五段活用の動詞になったとき
決定的になったのかもしれない。

私たちは思い出すべきだろう。
「し」という音、「しぬ」という音を抽出して
「死」「死ぬ」に張り付いたイメージを取り除くのだ。
シ~ンとした、静かな場所、不動の場所に往く(往ぬ、還る)ことが
「しぬ」ことなのかもしれない。








拍手[0回]