お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(6)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(17)
ヌーソロジーことはじめ(11)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

「死ぬ」と「死す」

「死ぬ」と「死す」が、和語と漢語由来の日本語の違いであることは一目瞭然だろう。
「食べる(食ふ)」と「食す」の違いと同様だ。

しかし、読みが訓と音で明らかに違う「食」に比べ
音訓共に「し」と発音する「死」は、概念自体に混同が見られるのではないかと思う。

そんなことから、ふと思いついた幾つかの事柄をいくらか覚書しておこうと思う。




「死ぬ」は万葉集にも記述が見られ、
漢文調の「死す」が文献に現れるより、ずっと古くから使われていたことがわかっている。
そのために、「死ぬ」が漢文の影響で生まれた「新しい」日本語ではないということははっきりと言える。

ただ、「しぬ」と同じ(よく似た)意味の漢語「死」が
たまたま同じ音(し)を含んでいたということだろう。(偶々ってスゴイ!)

しかし、ここで「し」という音が同じだったために「死ぬ」という字が当てられ
本来の「しぬ」が、漢語由来の「死」の概念と混同されるきっかけとなったと言えるかもしれない。

「死ぬ」は、古語ではナ行変格活用動詞(現代は五段活用)であり
もう一つのナ変動詞「去ぬ(往ぬ)」と極めて近い意味を含み持つことが窺われる。
(ナ変動詞には「しぬ」「いぬ」の二つしかなく、そもそも変格活用動詞はそれだけで重要かつ基礎的な意味を持つ和語だと察せられる。)

「いぬ」に「s」音がついた「しぬ」は、

(1)息がなくなる意のシイヌ(息去)の義[日本語源学=林甕臣]。    
   シイヌル(息逝)の義[松屋棟梁集]。 
(2)サリヌルの反[名語記]。 
(3)スギイヌル(過往)の義[名言通]。 
(4)シヲルル、シボム、シヒルの義と通じる[国語の語源とその分類=大島正健]。 
(5)シは〆領る、ヌは歇了る義[国語本義]。

とあり、「去ぬ」「往ぬ」との関連性が高いことがわかる。

また、活用語尾「ぬ」自体が、完了の機能を持つ助動詞「ぬ」と同音である。

「ぬ」という音の面白さ(興味深さ)は、他にもある。
「寝る」は、古語では基本形が「寝(ぬ)」であること、
「寝ぬ」と書いて「いぬ」と読むこと、などから
古語の「死ぬ」には、「去る」「往く」「逝く」「寝る」と深い関連性があると言えるだろう。



ここで、ちょっと話題を変える。

「生」と「死」は対義語であるが、同じように
「生きる」と「死ぬ」は対義語と言えるだろうか?

現代人の感覚で言えば、
「死ぬ」の対義語は「生まれる」だろう。
この世とあの世の境目を通過した時のことを指して、
「生まれる」あるいは「死ぬ」と言うのだから。

ならば、「生きる」の対義語は何か?

この世を生きることが「生」であり
あの世を生きることが「死」なのではないのか?

「死」という漢語が入ってくるまで、
日本では「死」の世界を「根の国」や「黄泉の国」と呼んだ。

そうだったのだ。

古来日本人にとって、「しぬ」とは「根の国に往く」ことであり
「寝ぬ(イヌ)」=「眠る」ことでもあったのだ。

大陸由来の「死」がそれに取って代わり、「根の国」は深く沈みこみ
「地獄」や「極楽」のイメージがそこに覆いかぶさった。
そのイメージを取っ払う必要が、まずあると思う。

「根」とは、その文字が示す通り、植物の根と同義である。
植物は、茎から上の部分(地上)と根の部分(地下)の両方があってこその一つの生命である。
根ごと土から引き抜けば、枯れる。
興味深いことに、「かる」とは、古語ではやはり「死ぬ」ことを意味する言葉なのだ。
「まかる」「みまかる」などに、その片鱗が窺える。
「枯れる」「枯らす」(→「ころす」への変遷)

現代、「死ぬ」は「根」とはまるで違うイメージを持つ言葉になってしまっている。
というより、「かる(刈る、狩る、枯れる)」の意味としてのみ、「死ぬ」を使っているということか。

「生」と「死」という対義語の関係を見るとき
《「生」を生きる》と、《「死」を生きる》という一対とは別に
     ↓             ↓
   茎から上         根

《「生」を生き、「死」を生きる》と、《どちらも生きない》という一対があり
     ↓                 ↓
 茎から上と根の両方で一つの生命     枯れる             

この二つの対が、混同されてしまっている気がする。

前者《「生」を生き、「死」を生きる》こそが、本当の「生」なのかもしれない。
後者《どちらも生きない》が、「かる(枯る)」であり、《根も茎も死んでしまう》こと。
《根も茎も死ぬ》と《「死」を生きる》は全く違うものだ。
そこを混同してしまい、
現代では最も忌み嫌われ、懼れられるものとしての「死」が跋扈し
《「死」を生きる》の意味での「死」を遠くへ追いやり、ついには忘れ去ってしまったのだ。

植物が、地上と地下の両方で初めて一つの生命であるように
人間もまた、地上の身体(見えている肉体)と、地下の身体(見えない根)の
二つで一つの生命なのだろう。

根を引き抜けば、枯れてしまう。
根から切り離しても、茎から上は(そのうち)枯れてしまう。

見えている肉体の中に(重なって)見えない根があるところが
植物とはまた違う人間(動物も)の「在り方」なのだろうが
植物の「在り方」から学ぶところは大きい。


「生きる」の対義語は「死ぬ」ではなく
自分自身の根を抜くこと、根を切り離すこと、と言えるかもしれない。
これ、すなわち「かる(刈る、狩る、枯る)」であろう。

特に現代人は、己を刈り、己の生命を枯らしながら、
他人の生命までも狩ろうとしている気がする。

肉体は生きていても、《「死」を生きる》ことがわからなくなっているのだ。

「しぬ」が「死す」の意味に取って代わられ、「死ぬ」になってしまったとき
それはすでに始まっていて
特殊なナ行変格活用から、最も一般的な五段活用の動詞になったとき
決定的になったのかもしれない。

私たちは思い出すべきだろう。
「し」という音、「しぬ」という音を抽出して
「死」「死ぬ」に張り付いたイメージを取り除くのだ。
シ~ンとした、静かな場所、不動の場所に往く(往ぬ、還る)ことが
「しぬ」ことなのかもしれない。








拍手[0回]

PR