お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(7)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

月の橋渡り

旧暦 十二月十五夜を過ぎたとき
惑星たちが 天空に 橋を架け始めた
もちろん
橋を渉るのは 月夜霊命

月は その姿から 少しずつ 少しずつ しずくを落としながら
エッセンスを 惑星たちに 譲り与えていくのだ

最初に 月の優しい抱擁を受けたのは 木星
次の火星に向かう月へと 木星は 振り向きざまに 投げキッスした

下弦の月が 火星に微笑む

土星へと 足を速める 月の体は 細っていくが 
心配することはない

ちょうど三日月の鏡姿になる頃に
月は 金星と水星に訪れて 
半月かけた 月の橋渡りは 終わりへと

そうして 迎える 西暦2月8日は
旧暦正月 一月一日
新たなる月 まっさらさらの新月なのだ

モッカドゴンスイ モッカドゴンスイ


Spaceweather





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



拍手[0回]

PR