お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(97)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(21)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(124)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

胡瓜

今朝、プランターからはみ出して 庭を這う
蔓と 葉に 隠れるように
一本の胡瓜が 成っていた

台風が近づいたからと
あわてて 庭に這わせたのは 先週だったか
そのときには 確か 胡瓜の赤ん坊の姿はなかったから
今年の胡瓜も終わったな と、思っていたが

片付けるには 名残り惜しい
なんと言っても
黄色い花が まだ咲いている

夏の色が すっかり薄らいだ 庭で
蝶々が 今日も舞っているのは
夏から秋へと バトンを手渡すためだったのか















拍手[1回]

PR