お知らせ(11)
詩(191)
散文詩(14)
おとがたり(98)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(21)
夢(17)
如月妄想録(18)
地図と指南魚(羅針盤)(12)
ブログ(124)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誰でもない

だれでもないわたしが
だれでもないあなたと 言葉を交わす
 
まるで、森のなかの
樹間をわたる風のように
自由に行き来する ふたつのこころ
 
家名に縛られず
肩書きに規定されず
血に祝福もされなければ
呪われもしない
 
そんなふたりの会話は
ほかのだれでもない わたしと
ほかのだれでもない あなたとの
たましいの交歓


上の詩は、2013年9月7日に書いたものです。

名前のない場所までゆくには、遠い遠い道のりを辿らなければなりません。
あなたから私へ、私からあなたへと、はるかに離れた遠い道を、それぞれに歩み続けるのです。
置き去りにした自分自身を拾い集めながら、光の糸に、次から次へ、小さな玉を通すように。
すっかり私がつながって、首飾りのような、腕輪のような、光の玉の円環ができるまで。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR