お知らせ(11)
詩(191)
散文詩(14)
おとがたり(98)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(21)
夢(17)
如月妄想録(18)
地図と指南魚(羅針盤)(12)
ブログ(124)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

釣りをするのは

太公望が
ひがな一日 釣り糸を 垂らしていたという故事
針をつけない釣り糸で
何を釣ろうというのかと
いぶかしんでは ならない

上下は サカサマなのだ
釣り人は 水の中にいる
太公望は
己が 何者かによって 釣られることを
ただ 待っていた



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR