お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(6)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(17)
ヌーソロジーことはじめ(11)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

山の中腹に 霧が立ち昇っている
あとから あとから 立ち昇ってゆく
白い霧は 濃く 薄く また濃く ゆらぎながら
ただよっている

水は 固体化すると すべてを反射して 白く輝く雪になるが
霧の白は 水が気化してゆく過程で 
透明さを失い 背景を呑み込み 隠してしまう

つかの間とはいえ
その魔術的な体の変化は
どこか悲しげな たて笛の音にも似て
山の呼吸が 聞こえる気がした




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR