お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(97)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(21)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(124)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

とまれかうまれ疾く破りてむ

男もすなる日記といふものを
女もしてみむとてするなり

これは、言わずと知れた『土佐日記』の冒頭部分である。
作者の紀貫之は、自分を女に仕立ててこの日記を書いたとされている。

この有名な冒頭部分に対して、あまり知られていない最後の部分は
とまれかうまれ疾く破りてむ(とまれこうまれとくやりてむ)
こういう一文で閉められている。
「とにもかくにも、(この日記を)さっさと破って(捨てて)しまおう」
と書いてあるのだ。

ここに疑問を感じる人はけっこういるようで、私もその一人なのだが
疑問を持つ人の多くは、なぜ日記を破ろうなどと思ったのか?
というところに引っかかりを感じているように見受けられる。

私自身も、そこに一つのひっかかりを感じはするのだが
それよりも、
「破ろうと言いながら、なぜ破らなかったのか?」
「ただのポーズだったのか?」
それとも・・・無理やりな感じで残されてしまったのか?
というところが非常に気になった。

なぜって?
それは・・・
・鎌倉時代までは明らかに貫之自筆のものが残っていたとされている点
・藤原定家、藤原為家らが、自筆本から写筆したとされている点
(定家は臨書までしている。ただ、為家(定家の息子)の方が原本通りに写したと言われている。)

なんといっても、平安時代は藤原氏の天下である。それだからこそ
平安初期の紀氏である貫之の立ち位置的に(政治的影響力ではなく、歌、文学としての影響力を強く持っていたと推察される)、何か言い知れぬ謎が『土佐日記』に隠されているのではないか・・・などと、妙な憶測が働いてしまったわけだ。

藤原定家と言えば歌道の宗家。その定家が紀貫之の日記を臨書するほどなのだから
その日記は定家的に大きな意味があったのだろうと言ってもよいだろう。
新古今和歌集の代表撰者であった定家は、古今和歌集の代表撰者である貫之のことを尊敬していたのだろうか。(貫之の『古今仮名序』は日本最古の歌論としても有名。)
なんかね、そう素直には取れない気もしている。
紀氏と藤原氏・・・だからね、やっぱり、ここは・・・。(と言葉を濁しておく)

いろいろと憶測も飛び交いながら、私としては
最後の一文は、貫之の「うまいところ」だったのだろうと思っている。

貫之は、土佐での任務を終えて任地を離れるとは言え、
帰路の途中も当然のことながら、仕事として日記をつけていただろう。
これは、そのころの常識として「漢文」で書かれていたはずである。
冒頭にある通り、当時の日記とは男が(仕事、公用で)書くものであった。

でも、貫之としては、そんな漢文の公的な日記(日誌ですね)より
得意の仮名(女手とも言われるが、歌を詠むときは男でも仮名で書くのが普通)で
心情や旅情を書き留めておきたかったのかもしれない。
もしかしたら、京に戻ってきた後に、漢文の日記を頼りに(日付はもちろんのこと、出来事を細かく記してあるはず)、ごくごく私的な文章を書きたくなったのかもしれない。(土佐の地で亡くした娘への想いとか)
女ということにしてあるのは、本気で女に見せかけるつもりというのでもなく(女性的ではない表現も多々見られる。騙すつもりならそんなマヌケなことはしないはず)
茶目っ気の一つだったかも知れない。

この日記が、間違いなく後の女流日記文学に大きく影響したはずだし
その辺のところ、案外貫之はわかっていてやったような気もしている。

なかなかに本音を言いにくい時代だった(どの時代にも同じような問題はあるが、平安の初期なんて、ほんと、紀氏にとっては大変な時代だったと思われる。)

駄洒落やジョーク、ユーモアのセンス抜群の貫之は、何食わぬ顔であちこちに時限爆弾を仕掛けていたかもしれないと思っている。
(「君が代」が現代日本の国歌となったのも、貫之の仕掛けがあったからだろう。この辺りの話は、また機会があれば書こうと思う。)

和歌(やまとうた)に関して、なにか膨大な知識を持っていたと思われる貫之の、曰くありげな(女になりすまして書くなどという、とんでもない発想の)日記を、後の世に藤原定家が大事にしたのも頷ける話である。

そして、最後の一文
「とまれかうまれ疾く破りてむ」・・・
こんなものは、はやく破り捨てなきゃなあ・・・と
書きつつ、きっと長い時代を超えて読まれることになるのも
貫之は予想していただろう。

全く、『土佐日記(古くは土左日記)』と言いながら、土佐から京に帰る旅の日記であって
土佐での赴任中の出来事を記しているわけではないあたり・・・
定家本の奥書によれば、貫之の自筆で『土左日記』の外題があったとされる。
要は、『土左日記』には、別のタイトルが元々あったかもしれないということになる。
(外題と内題は同じこともあれば違うこともある)

なんてことのない、教科書によく載っている『土佐日記』だが
よくよく考えると謎は多い。







拍手[0回]

PR

数は
高い空のかなたから 舞い降りてきた 天使
木の葉のかげに そっと隠れたり
花びらの上に ちょこんと座ったり
蝶の羽に乗っかって ひらひら揺れたりしながら
わたしたちを 見守り続ける
・・・天使たち
この世界が 示唆に満ちているのは
そのためだ
数は
優劣を競うためにあるんじゃない
数を 貶めるのは もう よそう
数は 天使
神の・・・
ピュアな 使い
                         (2013/11/29)




2013年11月29日
秋もそろそろ終盤を迎えようとする頃
私は、テストの採点に追われていた。

毎度の事ながら、採点には苦痛がつきもので
目の疲れ、右手の痛み、肩の凝りに加え
平均点や最高点、最低点などに
私の心はぐったりと沈みこんでいた。

点数をつけるという作業は、なかなかにしんどいものだ。
特に国語の場合、採点基準というものがかなり厳しく設定される。
「なぜそれが正解なのか(あるいは正解ではないのか)」
という理由が、明確に説明されなければならないから
どのクラスでも一様に、統一した基準で採点することになる。
もちろん、そうでなければいけないだろうし、それで一向に構わないのだが
まあ、いろいろと、まあ・・・
難しい場合もあるわけで・・・

クラスの平均点を競うようなところも無きにしも非ずで・・・

そんなこんなが影響して、テスト期間中は
だいたいブルーな気分のことが多かった。
(今はそんなことはない。当時勤務していた学校が進学校だったということも、ある程度関係している。)

そんなある日、朝の出勤の車の中で
あちこちに数字のマジックというのか、
数量的な数字ではなく、有機的な「数」の世界が見えたのだった。

わあっ!
と、私は小さく声をあげ、心のノートに書きとめていき
学校に着いて、さっそく紙きれにそれを書き記したのだった。

それが、上の詩の原型になった。

このブログにアップしたのは2015年9月15日で
今回は再掲になる。




拍手[0回]


南北の道

私の夢に出てくる動物たちは
東から登場して西へと去っていくことが割と多いです。
(「西(ニシ)」は「去(イ)にし」から来ているという説もある)
そして、それを見ている時の私は、常に南を向いています。

もちろん、それ以外のパターンもたくさんありますが
方角については、以前はあまり気にとめていませんでした。
古方位は知っていましたので、それと関連付けて考えてみたことはありましたが。



古方位(日本の古い方角の表し方。古時刻と重なる円形で表す。)

「古時刻と古方位」の画像検索結果

こういうの ↑ です。
(画像はhttp://suikan.seigasha.co.jp/image/jikoku.jpgからお借りしました)



アニマンダラのメディスンカードセッションを受けてからは
方位というものが、客観的な方角のみならず
もっと主観的というか、観念的な意味合いを持つものだという認識に変わりました。
(九つのトーテムアニマルが九つの方位に配置され、八面体と球面体を形成する)
  トーテムアニマルについては
  アニマンダラブログ『空間を守護するアニマルメディスン』をご覧ください。


昨日UPした「りとる ふぉれすと」の記事中の「赤い道、青い道」というのも
その意味合いで書いています。
青い道・・・東西
赤い道・・・南北
というように。

これは、いろんな言い換えができるだろうと思います。
精神的世界物質的世界・・・であったり
目に見えない世界目に見える世界であったり
個人的な世界共有世界であったり
ヌーソロジー的には
ヌースノス精神付帯質奥行(持続)と幅(延長)等化と中和
・・・などなどなど
もう、いろいろと言えてしまう基本的な対化ですが
アナロジーで重ね合わせて理解すると、構造的に同じというのがわかります。
ただ、これらの言葉は、どんな場面で使うかによって
次元の違いや階層、領域の違いも出てくるので
言葉の難しさを感じるところでもあります。

まあ、この辺りは不要な前置きだったかもしれません。
元の話、私の夢の話に戻ります。

ちょっと前に、こんな夢を見ました。
動物は出てきませんでしたが、方角がはっきりと示された夢でした。




私は二人の子どもを連れて、美術品や工芸品をたくさん置いた店の中(2F)にいる。
子どもの一人が眠そうにしていたのでおんぶすると、その子はすぐに眠ってしまった。
もう帰ろうかということになり
もう一人の子どもが、
「おんぶしてると歩くの遅くなるから、僕は先に走って帰るね。」
と言って、タッタカタと走っていってしまった。

私は眠り続ける子どもを背中におんぶして
南から北に向かって、ゆるやかな坂道をまっすぐに歩いていく。
途中、行き止まりに突き当たるが
東側の崖を下りて、そこにあった小屋で一休みして
また崖を登って、なんとか迂回することができた。
背中の子どもはずっと眠り続けている。

ようやくのことで、目的地(私の家)に着いた時、子どもが目を覚まし
(家では、ささやかなパーティーのような準備がされていて)
子どもは美味しそうにケーキを食べる。
先に走って帰った子どもも、ちゃんといた。




解説が不要なほどわかりやすい夢のように思いましたが
これも、東西と南北の意味に気づかなければ、よくわからなかったかもしれません。

南は、内なる子ども(ウニヒピリ)を守り、育む方位。
北は、賢明なる智慧の方位。
東は、霊的気づきを促し、そのための試練を示す方位。
(この夢で西は出てこなかったのですが、せっかくですので書いておくと)
西は、この人生でのゴール達成。真実と内なる答えへと導く道。

まったく、呆れるほどそのまんまの夢ですね(笑)。

この夢の北の我が家で、どのような智慧に触れたのかはわかりませんが
一つだけはっきりしているのは、南北の道、つまり赤い道を北向きに辿ったということです。

実は、もう二十年以上前にも、二人の子どもの夢を見ています。
その夢はこんな風でした。




現実ではあり得ないほど美しい月の夜。
海に櫓(ヤグラ)が建っている。
海にかけた桟橋を渡り、櫓(ヤグラ)の上に昇って月を見る。
月が指し示す方向を確認して、私は櫓を下り、桟橋を渡って
元の砂浜へと戻る。桟橋には一人の老人(?)が釣りをしていた。
「すみません」「どうも」などと言葉を交わし
私は、車に乗り込む。
車の後部座席には、ベレー帽を被った二人の子ども。
仲よさそうに座っている。

私は、その様子を時折ルームミラーで見ながら
南へ向けて、まっすぐに海岸通りを走る。
やがて椰子の木が見え始め、私は車を一軒の家の前に停める。

後ろのドアを開けると、子どもたちは嬉しそうにその家に入っていく。
そう、そこは、私たち三人のための家だった。




この夢を見た頃は、まだ結婚もしていなくて
自分に子どもがいる設定の夢を見たことは驚きでしたが
この夢のあと、現実で結婚をし、本当に男の子を二人授かり、離婚をして
二人の子どもを連れて実家に帰ったという経緯があり
「ああ、あの夢はこういうことを現していたのかなあ。」
などと思っていたのです。
しかし、(それもあるにはあるのでしょうが)
今は、もっと別の見方ができるようになりました。
ただ、夢の解釈についてはここには詳しく書きません。
細かい解釈はあまり意味がない・・・
というか、幾重にも多重に重なっているものが
一つの現象の中に存在するように思うからです。

ここで取り上げたいのは、「南北の道」と「二人の子ども」なんです。

「南北」は赤い道。実際の現実の人生そのものを現しているのでしょう。
「二人の子ども」は、私の内なる子ども(ウニヒピリ)だろうと思います。
二人いる理由も今はわかるのですが、話が煩雑になるので省略します。

昔見た(二つ目に書いた)夢では、赤い道を南に向かい
最近見た(一つ目に書いた)夢では、赤い道を北に向かっています。
どちらも、目的地(終着点)は「我が家」です。

「南北」は赤い道だと書きました。
それは、言い換えれば「共有世界」「人間の社会生活の場」です。
私たちはみんな、ここですったもんだの末、自我を成長させていくのかもしれません。
ありとあらゆる情動を伴いながら、この道を歩くのですね。
そして、その裏で「東西」の青い道をも通っている・・・
こちらは無意識のままで、目には見えません。
(私の夢では、東西の方に動物がよく出てくるのですが)

スピリチュアルに関心の高い人の中には、不思議な現象や神秘体験、目に見えない事柄を
必要以上にありがたがったりしがちな人も多いように思えたりもしますが
実は、それは霊的でも何でもないということになります。
そこにくっつく情動によっては
赤い道にありがちな、澱み(濁り)みたいな感じになるかもです。

赤い道の「」を純化していくこと・・・
不必要な(怖れを先手に持った反応としての)情動の洗い流し・・・
本当に必要なのは、ここなのだと思うのです。

青い道に関しては、自我の方からは感知できません。というか、操作できません。
(あちらからメッセージを送ってくることはあっても)

シュタイナーはこう言います。
「自我が三つ(アストラル体、エーテル体、肉体)に働きかけて進化する。」

シュタイナー風に言えば、
赤い道の純化が持つ意味は
   自我がアストラル体に働きかけて、『霊我』へと進化する   
ということになるでしょうか。
(さらにエーテル体に働きかけて『生命霊』、肉体に働きかけて『霊人』)


アストラル体とは、ズバリ動物意識とも言えますから
アニマンダラで言う、情動の洗い流しに相当すると思います。
水中から水面へ・・・まさにカエルですね。浄化のシンボル!

こうして改めてじっくり見ると
自我というのは、進化の要なのですね。
おろそかには決してできないものであり、そこを足場として立ち上げていく
そんな場所なのですね。

だから、赤い道が「見える世界」であるとは言っても、
そこには、もう一つ深い(あるいは上位の)次元が重なっているのです。

ちょうど、「水中」と「水の外の世界」の関係が
「物理空間」と「言語空間」の関係を現しつつ、さらに
「言語空間」と「情報空間」の関係も意味するように。

(このことは、アニマンダラレクチャーDVD vol.4で教わりました。
 便宜上、潜在化した状態を言語空間、顕在化した状態を情報空間と表現しているとのことです。)

人間は、すでに情報空間に進出しているにも関わらず
・まだ物理空間だと思っている意識状態を「言語空間」とし・・・これが「水中」
・物理空間には直接触れることができない(言語を通した世界しかない)
 と知っている意識状態を「情報空間」とする・・これが「水の外、陸上」

「現実も大事だよね。」と言うときの「現実」を
水中で見るのか、水の外(陸)で見るのかの違いは大きいです。

怒りや悲しみに埋没しているときは、まさしく「水中」で溺れているのですね。
赤い道が、見えている道だとしても「水中」で見るのと「水の外」で見るのとでは雲泥の差があるというか、そこにこそ「差異」を感じ取らなくていけないのだと思います。

我が人生を振り返り辿るとき、自我の純化に焦点を合わせることが大事ですね。
振り返っているように見えても、それは後ろ向きという意味ではなさそうです。

過去から今を通過して未来へと流れる「時間」のイメージ
未来から今を通過して過去へと流れる「時間」のイメージ
この二つの時間イメージは、たとえひっくり返しても
直線的な「時間」であることに変わりはありません。
そんな「時間」の呪縛から
私たちは、そろそろ本気で自由になるべき「時」なのかもしれません。










拍手[1回]