お知らせ(10)
詩(190)
散文詩(14)
おとがたり(96)
おはなし(8)
俳句かな?(5)
みそひともじの(10)
覚書(20)
夢(17)
如月妄想録(18)
ヌーソロジーことはじめ(12)
ブログ(123)
日記(21)
猫その他(3)
未選択(0)
忍者ブログ

月夜の海、朔の森

「死ぬ」と「死す」

「死ぬ」と「死す」が、和語と漢語由来の日本語の違いであることは一目瞭然だろう。
「食べる(食ふ)」と「食す」の違いと同様だ。

しかし、読みが訓と音で明らかに違う「食」に比べ
音訓共に「し」と発音する「死」は、概念自体に混同が見られるのではないかと思う。

そんなことから、ふと思いついた幾つかの事柄をいくらか覚書しておこうと思う。




「死ぬ」は万葉集にも記述が見られ、
漢文調の「死す」が文献に現れるより、ずっと古くから使われていたことがわかっている。
そのために、「死ぬ」が漢文の影響で生まれた「新しい」日本語ではないということははっきりと言える。

ただ、「しぬ」と同じ(よく似た)意味の漢語「死」が
たまたま同じ音(し)を含んでいたということだろう。(偶々ってスゴイ!)

しかし、ここで「し」という音が同じだったために「死ぬ」という字が当てられ
本来の「しぬ」が、漢語由来の「死」の概念と混同されるきっかけとなったと言えるかもしれない。

「死ぬ」は、古語ではナ行変格活用動詞(現代は五段活用)であり
もう一つのナ変動詞「去ぬ(往ぬ)」と極めて近い意味を含み持つことが窺われる。
(ナ変動詞には「しぬ」「いぬ」の二つしかなく、そもそも変格活用動詞はそれだけで重要かつ基礎的な意味を持つ和語だと察せられる。)

「いぬ」に「s」音がついた「しぬ」は、

(1)息がなくなる意のシイヌ(息去)の義[日本語源学=林甕臣]。    
   シイヌル(息逝)の義[松屋棟梁集]。 
(2)サリヌルの反[名語記]。 
(3)スギイヌル(過往)の義[名言通]。 
(4)シヲルル、シボム、シヒルの義と通じる[国語の語源とその分類=大島正健]。 
(5)シは〆領る、ヌは歇了る義[国語本義]。

とあり、「去ぬ」「往ぬ」との関連性が高いことがわかる。

また、活用語尾「ぬ」自体が、完了の機能を持つ助動詞「ぬ」と同音である。

「ぬ」という音の面白さ(興味深さ)は、他にもある。
「寝る」は、古語では基本形が「寝(ぬ)」であること、
「寝ぬ」と書いて「いぬ」と読むこと、などから
古語の「死ぬ」には、「去る」「往く」「逝く」「寝る」と深い関連性があると言えるだろう。



ここで、ちょっと話題を変える。

「生」と「死」は対義語であるが、同じように
「生きる」と「死ぬ」は対義語と言えるだろうか?

現代人の感覚で言えば、
「死ぬ」の対義語は「生まれる」だろう。
この世とあの世の境目を通過した時のことを指して、
「生まれる」あるいは「死ぬ」と言うのだから。

ならば、「生きる」の対義語は何か?

この世を生きることが「生」であり
あの世を生きることが「死」なのではないのか?

「死」という漢語が入ってくるまで、
日本では「死」の世界を「根の国」や「黄泉の国」と呼んだ。

そうだったのだ。

古来日本人にとって、「しぬ」とは「根の国に往く」ことであり
「寝ぬ(イヌ)」=「眠る」ことでもあったのだ。

大陸由来の「死」がそれに取って代わり、「根の国」は深く沈みこみ
「地獄」や「極楽」のイメージがそこに覆いかぶさった。
そのイメージを取っ払う必要が、まずあると思う。

「根」とは、その文字が示す通り、植物の根と同義である。
植物は、茎から上の部分(地上)と根の部分(地下)の両方があってこその一つの生命である。
根ごと土から引き抜けば、枯れる。
興味深いことに、「かる」とは、古語ではやはり「死ぬ」ことを意味する言葉なのだ。
「まかる」「みまかる」などに、その片鱗が窺える。
「枯れる」「枯らす」(→「ころす」への変遷)

現代、「死ぬ」は「根」とはまるで違うイメージを持つ言葉になってしまっている。
というより、「かる(刈る、狩る、枯れる)」の意味としてのみ、「死ぬ」を使っているということか。

「生」と「死」という対義語の関係を見るとき
《「生」を生きる》と、《「死」を生きる》という一対とは別に
     ↓             ↓
   茎から上         根

《「生」を生き、「死」を生きる》と、《どちらも生きない》という一対があり
     ↓                 ↓
 茎から上と根の両方で一つの生命     枯れる             

この二つの対が、混同されてしまっている気がする。

前者《「生」を生き、「死」を生きる》こそが、本当の「生」なのかもしれない。
後者《どちらも生きない》が、「かる(枯る)」であり、《根も茎も死んでしまう》こと。
《根も茎も死ぬ》と《「死」を生きる》は全く違うものだ。
そこを混同してしまい、
現代では最も忌み嫌われ、懼れられるものとしての「死」が跋扈し
《「死」を生きる》の意味での「死」を遠くへ追いやり、ついには忘れ去ってしまったのだ。

植物が、地上と地下の両方で初めて一つの生命であるように
人間もまた、地上の身体(見えている肉体)と、地下の身体(見えない根)の
二つで一つの生命なのだろう。

根を引き抜けば、枯れてしまう。
根から切り離しても、茎から上は(そのうち)枯れてしまう。

見えている肉体の中に(重なって)見えない根があるところが
植物とはまた違う人間(動物も)の「在り方」なのだろうが
植物の「在り方」から学ぶところは大きい。


「生きる」の対義語は「死ぬ」ではなく
自分自身の根を抜くこと、根を切り離すこと、と言えるかもしれない。
これ、すなわち「かる(刈る、狩る、枯る)」であろう。

特に現代人は、己を刈り、己の生命を枯らしながら、
他人の生命までも狩ろうとしている気がする。

肉体は生きていても、《「死」を生きる》ことがわからなくなっているのだ。

「しぬ」が「死す」の意味に取って代わられ、「死ぬ」になってしまったとき
それはすでに始まっていて
特殊なナ行変格活用から、最も一般的な五段活用の動詞になったとき
決定的になったのかもしれない。

私たちは思い出すべきだろう。
「し」という音、「しぬ」という音を抽出して
「死」「死ぬ」に張り付いたイメージを取り除くのだ。
シ~ンとした、静かな場所、不動の場所に往く(往ぬ、還る)ことが
「しぬ」ことなのかもしれない。








拍手[0回]

PR

流れの中のうたかたは・・・

若かったころ、教諭という職名で、学校という現場で働いていたことがあった。
現在、非常勤講師という職名で、(やはり)学校現場で働いている。

教諭を辞したには、複雑に絡み合う理由があり
そのことについては、あまりにも私事であるため
ブログという一般公開の場所に書くことは出来ないが
一つだけ、猫の死について触れておきたいと思う。

二十代半ばを過ぎて、まだまだ新米とはいえ、それなりに仕事にも慣れてきた頃
私は、通勤途中の路上で、猫の死骸に断続的に遭遇する・・・という経験をした。
正確には覚えていないが、3度や4度ではなかった。
二~三日続けて見て、数日あいて、また続けて見るという、
全体的には2ヶ月ぐらいにわたって
猫の(主に交通事故)死骸に遭遇したのだった。

さすがに「普通ではない」と思ったことを、強い印象と共に記憶している。
またその頃、職場を含め実生活でも、同様の「普通とは思えない」出来事が重なり
それが理由ともきっかけとも言えないが
結果的に、そのあと私は教職を辞した。

アニマンダラの天海さんの数秘術によると
その時期の選択(仕事を辞めるということ)は、
ちょうど、私の人生の流れに添ったタイミングで起きているのだそうだ。
そのぐらいの(キツい)出来事がないと、なかなか辞められなかっただろうなとは思う。
そういう意味で、キツい時期というのは
決して「間違っている(流れに逆らっている)から」キツいのだとは言い切れず
何か大きな変化の前の負荷と言えなくもない。(産みの苦しみ的な・・・)

仕事を辞めてからは、いろいろと(これもあまり詳しくは書けないので省略)あり
離婚をきっかけに職場復帰したのが十数年前。

もう教諭職に就く気はとうていなかったので、
常勤講師や私学の講師や、小学校の補充教員などで
各学校を転々とした。
ここ数年は、高校の非常勤講師で安定している。

人生の成功とかからは程遠く、特に実りもないような・・・
だからと言って、不満もなく
「ここらで一花咲かせるぞ」的な気分も全く出ず
言ってみれば、この世的な成功には興味はないのだけれど
達観するほどの根性もない。

まあ、中途半端と言えば中途半端な中に
一つだけ、「なにやらしたいこと」というのが
たまにチラホラと浮かび上がってきたりもする。

今日は、実はその辺のところを書きたいと思っていたが
なんだか違う話ばかり書いてしまった。

それについては、また次回・・・ということで
予告だけしておくと
教育に関するコトナノデスヨ・・・ハハハ(力のない笑い)

知識をいっぱい広げて手に入れて、ノウハウを身につけて
点数や順位の世界で、競争心や嫉妬心をあおられて
いわゆる社会の勝ち組たちが作った教育システムの中で
適応(順応)することを学ぶのが、学校という場所の一つの(大きな)目的であり
そこでは、生徒のみならず教師までもが、その環境にのみこまれ
自分の内在に目を向け、じっくり自分を辿る時間は喪われていく。
心は大事、生きる力をどう育てるか、などと言いながら
そこに時間をかけられない現実があるし
「生きる」が、社会的な生存の意味でしか捉えられていないこともあってか
ずいぶん的外れな教育目標が掲げられたりもする。

私にとって、この問題はとても大きすぎて
誰かや何かを批判することでは解決しないこともわかりきっているものだから
その時その場で、自分ができること、自分でできることだけをやろうと、
そうやって過ごしてきたのだけれど
少し、そのあたりについて、なにか考え始めたいと思うようになった。

次回予告のつもりが、長くなってしまって
すごく中途感あるけど、ひとまずここらで切り上げます。



拍手[1回]


時を超えるということ

私のもう一つのブログ「りとる ふぉれすと」に、
「どうぶつ」「しょくぶつ」のカテゴリーを追加しました。

元々「りとる ふぉれすと」は、夢の記録が主体で
「日記」「おはなし」というカテゴリーはあったものの
ほとんど分類の意味をなしていなかったのです。

詩の形式で記録したものが「日記」(その日に見た夢とは限らない)
物語形式で記録したものが「おはなし」
それだけの違いでしかなく、実質上のカテゴリー分類はしていなかったのです。

それというのも、
「何のために書いているのか」
が、自分でもさっぱりわからず、
夢の記録をするとは言っても、正確な記録ではなく、分析するでもなく
何かの役に立つとは、とうてい思えないまま
まあ、自分でわかればいいや・・・ぐらいの気持ちだったからです。

実際には、カテゴリーを考え直そうとしたことも、一度ならずあったのですが
上記の理由で、「やっぱ、や~めた」っとなっていたのでした。

先日(このブログで度々紹介させていただいている)アニマンダラの天海さんに
「アニマルカテゴリー」を作ってみては・・・という主旨にの提案をいただき
おお、それ、いいかも・・・と思った私は、
さっそく過去記事を読み返してみることにしました。
どれくらい(の数の)動物の夢を書いているかなあ・・・と、
最初はそんな風に記事を読み返していたのですが、
読み進めていくうちに、なんだかとっても不思議な気分になってきたのです。

過去に、確かに自分で書いたはずの記事が、今の私にメッセージを送っているようで、
しかも、それは過去から今へというのでなく、
まるで未来から一旦過去を通して今に送られているような気がしたのです。
過去に(その時点では知りえない)未来が含まれていて、
過去と未来から同時にメッセージが送られているような感じです。

もうこの辺りで、「過去」とか「未来」とか「今」とかが、従来の意味をなさなくなり、
全く別物の時間感覚の中、私はフニュァ~と言うか、ムニュョ~と言うか
フニャムニャした軟体動物チックな 自分を感じていました。

そうして、だんだんわかってきたのは
なぜ、私は夢の記録を「詩」や「物語」の形式にしたのか・・・ということでした。
もちろん、書いていた当初は、まるでそんなことを考えたこともありません。
ただ、そう書きたかったから・・・。
だから、単に夢の記録を(普通に記録として)書くときには、
こちらのブログで「夢」カテゴリーに書いていたのです。

「りとる ふぉれすと」は、詩やお話がいっぱいのブログにしたいという気持ちはありました。
それが、私の「小さな森」なのだという気持ちもありました。
でも、今から思うと、そこにはもう少し(自分なりにですが)深い理由があったようです。
ここで、こんなことを思い出しました。

『ウグイスからの伝言』という、私が書いた物語の中に
ウグイスの精と名乗る少年が、主人公に、次のように言う場面があるのです。

君は、あの三つの合言葉を自分で埋め込まなくちゃいけない。
この歴史の中に、千年後の君が見つけられるようにね。

君はあの梅の木に、君の思いを、千年の後まで繋ぐ言葉で歌に詠み、枝に結ぶんだ。
帝にイヤミを言ってると人には思われるかもしれない。
だけど、そんなの気にすることはない。
誰にもその真意が伝わらなくたって、
必ずいつか、君自身がその真意を読み取る日が来るんだから。


これもまた、自分で書いておきながら忘れていたことでした。

*『鶯宿梅』という話が「大鏡」の中に収められているのですが、
 その話をネタにして、
私が書いた物語です。
 過去(平安時代)と現代の、二人の同じ主人公に、
 時を超えた場所からウグイスの精が語りかける設定です。


誰にもその真意が伝わらなくったって、
必ずいつか、君自身がその真意を読み取る日が来るんだから。

「短歌」とまではいかなくても、
「詩」や「物語」である必然性はここにあったのだと思いました。
夢は(夢に限らずかもしれませんが)、
普通の文章で記録するより、「詩」「物語」「歌」の方が
だんぜん味わい深くなるものです。

夢の味わいを、できるだけ損なわないためにも
「詩」の形式は、とても重要な役目を果たしてくれました。

「詩」としてアレンジしていると言っても、決して内容を変えているわけではなく
逆に、細かい記録より、文字にならなかった部分が取りこぼされることなく
そのまま保存されている気さえしました。
その保存されている場所こそが、私の持続空間なのかもしれません。


「りとる ふぉれすと」のカテゴリーを
再編集するにあたって、いろんなことに気づかせてもらいました。

少しずつですが、自分の過去記事を読み直し
カテゴリーの振り分けをしていきます。






拍手[0回]